ホーム » 肝臓の健康に注意! オルニチンとは?

肝臓の健康に注意! オルニチンとは?


hgfdghj

肝臓は「沈黙の臓器」といわれるように、痛みを感じる神経がないため、ダメージを持っていても自覚症状がありません。

そのため、肝機能が低下していてもなかなか気づかれにくく、その間に病気が深刻化していくという危険があります。日本人の4人に1人は肝臓に何らかの問題を抱えていると言われており、肝機能の低下は私たちにとってとても身近な問題となっています。

肝機能の低はお酒の飲み過ぎによるものというイメージがありますが、それだけではなく、暴飲暴食、ストレス、食品添加物や医薬品の摂取、さらに大気汚染や疲労など生活習慣のさまざまな原因によって引き起こされます。

重大な肝疾患を防ぐためにも日頃から肝臓の健康に注意することが大切ですが、肝臓の健康に深く関わっているのが「オルニチン」です。

肝機能を高める成分、オルニチンに注目!

肝機能を高める成分として注目されているのが、オルニチン。オルニチンとは、体内で機能している遊離アミノ酸の一種で、摂取されると腸で吸収された後、肝臓や腎臓、筋肉などに運ばれます。

最も多くオルニチンが存在しているのは肝臓で、オルニチンは肝臓に運ばれると「オルニチン回路」という、有害なアンモニアを代謝する経路に関与します。

アンモニアは蓄積すると有毒となりさまざまな生命活動を阻害します。そのため、有毒なアンモニアを無毒な尿素に変換する作用をするのがオルニチンなのです。

さらに、オルニチンはミトコンドリアの働きを助け、肝臓全体の機能を正常に保つ働きをします。肝機能の低下を防ぐために、日頃からオルニチンを効果的に摂取することがポイントです。

オルニチンの働きと嬉しい効果

オルニチンは主に疲労回復や二日酔いの防止に役立ちます。

肝臓がアルコールを過剰に取り込んだ場合、肝臓の機能が正常に作動しなくなることがあり、肝臓の機能が低下してしまうために二日酔いや疲労などの症状があらわれるのです。

オルニチンを摂取することで肝臓の機能が正常になれば、二日酔い防止や疲労回復の効果が期待できます。

tyfgfghgjh

成長ホルモンの分泌を促進

オルニチンの効果は肝機能の向上の他に、成長ホルモンの分泌を促進するという効果もあります。成長ホルモンは筋肉の増強、糖や脂質の代謝を高める、骨の成長を促すなど、私たちの体のさまざまな働きに関与しています。

成長ホルモンの分泌は20歳頃をピークにしてどんどん減少していきますので、オルニチンによって成長ホルモンの分泌を少しでも促進させることは健康な身体づくりのためにもとても重要なことなのです。

美肌効果も?

女性にとってなによりも嬉しいのが、オルニチンには美肌効果もあるということ。オルニチンによって成長ホルモンの分泌が増えると、美肌に必要なコラーゲンを作る働きや、新しい肌細胞を作る働きも成長ホルモンによって促進されます。

肝臓の機能が低下しているとシミが増えやすくなるのですが、オルニチンで肝機能が改善されれば、肌の状態も回復します。

また、肝臓の解毒作用が高まると疲労やストレスも軽減されるので、肌へのストレスや負担も少なくなり、健康な肌質に改善されるのです。

 

オルニチンと肝機能!
カテゴリ
最新の投稿